今日から始める後縦靱帯骨化症治療~早期発見・即効完治

医者

胃がんの知識

胃がんの早期発見について

医者

日本では、胃がんが肺がんについで2番目に多い癌です。しかしながら胃がんは初期症状が分かりづらく、本人が気づかないため早期発見が難しい癌とも言われています。実際に胃がんだと判明した人のうち半数くらいが無症状とも言われています。まず初期症状としては、吐き気やゲップ、食欲不振、胃もたれなどです。たまたま体調が悪いのか胃がんが原因なのか分からない症状です。さらに進行してくると嘔吐や下血、体重の急激な減少など体に異変が起きていると分かるようになります。このような症状が出るころにはがんが非常に進行している可能性が高いです。胃がんの手術は胃の一部を切除する場合もあり、手術費用だけではなく、体力的にも負担の大きいがんなのです。

再発と転移が恐ろしい

胃がんは早期発見が難しいです。そのため転移しているケースが非常に多く見受けられます。胃がんの転移には種類があり、リンパ行性転移は初期の段階で転移してしまう場合があります。しかし、遠くの範囲まで広がっていなければ、1回の手術で一緒に切除することができます。胃がんの進行が進んでくるとリンパ節ではなく、肝臓などに転移します。特に肝臓は大量の血液が流れ込んでくる組織のため、胃がんでは肝臓へ転移してしまっているケースが多く見受けられます。更に胃がんの進行が進むと腹膜まで転移してしまいます。そのようになると手術ではがんを取り除くことはできず、抗がん剤での治療が必要となります。抗がん剤を使用する場合には、体に与える影響と副作用も心配もあることから定期的に胃がんの検査を受けることが重要です。