今日から始める後縦靱帯骨化症治療~早期発見・即効完治

医者

大腸がん

分子免疫治療がスタートされています

医者

転移した大腸がんの治療では、現在新しい治療法が試みられています。この方法では、様々な免疫システムを利用することによってがん細胞の自滅を促すのです。体全体の機能にアプローチが出来るため、広範囲に転移した大腸がんの場合にも問題なく治療を進めることが出来ます。他の医療機関で治療が難しいと宣告された場合にも、この新しい方法であれば治癒も見込めます。 こういった分子免疫治療は、一部の医療機関で現在行なわれています。治療について事前に相談出来るサービスが設けられていることが多く、治療の実態を把握した上で検討が出来るのです。治療の開始時には精密な血液検査が行なわれ、体の状態を詳細にチェックすることが出来ます。

がん細胞の自滅を促します

新しい分子免疫治療では、複数のアプローチで最終的にがん細胞の自滅を促していきます。細胞のミトコンドリアの力を引き出すことによって、がん細胞が自滅するよう働きかけていく訳です。また、この治療では、体内のリンパ球の状態も整えていきます。他の治療によってダメ―ジを受けてたリンパ球を回復させ、元の状態に戻すサポートをするのです。 がん細胞は、自らの細胞を守る様々なアクションを行なって数を増やしていきます。分子免疫治療では、そういったがん細胞の性質を踏まえた上でその働きを阻害する治療を行なって行く訳です。従って、転移した大腸がんにより根本的に働きかけていくことが出来ます。転移を起こしている大腸がんは、一般的な治療ではアプローチが難しいこともありますが、分子免疫治療であれば治癒の可能性があると言えるのです。